乾燥はトラブルの元

肌には保湿が必要ですし、乾燥はトラブルの元になります。赤ちゃんのようにしっとりとしてもっちりとした肌には、なかなか戻ることができません。肌が乾燥してしまう原因には、たくさんの理由があります。年齢により自然に水分や脂分が減ってきてしまう場合や、元々乾燥肌で常に乾燥で肌トラブルを引き起こしてしまう場合などがあります。

このような場合は、外からしっかり保湿をしていかなければいけません。化粧水や乳液または美容液などを使ったあとに、スキンクリームなどの脂分が多いものを使ってしっかりふたをすることで、肌の中の水分が保たれますし乾燥を防ぎます。

しかし、このように保湿に特化しているクリームをぬってしまうと、べたつきかんを感じてしまう場合もあります。そのような時には、保湿成分が高い乳液などを使うだけで十分な保湿はできます。肌をけって乾燥させてしまったり、かゆみなどが出てしまう場合にはケア製品を少なくして保湿していくようにしましょう。

また、肌が乾燥しないようにエアコンの風を直接受けない、外出時には日焼け止めを塗るなどして常に肌を乾燥から守っていくことを心がえていきましょう。保湿は肌質を健康に保つには、常日頃から大切なケアになります。